お知らせ

AnyPayが福岡市実証実験フルサポート事業に採択。 福岡市にてシェアモビリティの実証実験を目指す

2018年12月18日

AnyPay株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:井上貴文。以下、エニーペイ)は、福岡市が主催する「実証実験フルサポート事業」に採択されたことを発表いたします。今後、福岡市での実証実験に向け、シェアモビリティ事業を進めてまいります。

【シェアモビリティの実証実験について】
近年、車や自転車などモビリティのシェアリングサービスが広がりをみせており、その中でも米国を中心に電動キックボードが新たな移動手段として注目を集めています。電動キックボードのサービスの中には、リリースから1年あまりで数千万回の乗車回数を記録しているサービスもあり、ラストマイルの移動を効率化しています。今後、日本においても、新たな移動手段として提供できる可能性を見込んでおります。

今回の実証実験では、電動キックボードを特定エリアに配備し、域内移動の活性化・効率化を図るとともに、ラストマイルを支える新たな交通インフラを目指し、利用ニーズ・料金体系などについて、検証を行っていく予定です。

シェアモビリティ事業:https://mobility.anypay.jp/

【福岡市実証実験フルサポート事業について】
AI や IoT 等の先端技術を活用した実証実験プロジェクトを全国から募集し、優秀なプロジェクトについては、福岡市での実証実験を全面的にサポートします。サポート内容は、実証実験用のフィールドの提供や国家戦略特区を活用した規制緩和などです。

【代表取締役 井上貴文より】
福岡市実証実験フルサポート事業に採択され、大変嬉しく思います。電動キックボードは、都市部の移動効率化はもちろんのこと、観光地やテーマパークでの利用も見込まれます。また、電動キックボードは利用者を新たな場所に連れて行くことができ、地域の活性化や経済効果にも貢献ができます。今後は、福岡市をはじめとし、様々な自治体・企業パートナーと連携をして実証実験を進めていきたいと考えております。